2月2013

Tableware Festival

日々の中で

知人に招待券を頂きましたので、東京ドームのテーブルウェア展に行ってきました。

時間がなかなかとれなくて、本当に走るようにして見て回りましたが、あまり奥の方までは見られませんでした。

 

洋食器ではロイヤルコペンハーゲン(青好きなのです)が好きで楽しみにしていたのですが、今回の出展品は少し寂しい感じでしたので、写真はなしです・・・。

 

さて。

こちらはイタリアのセレッティ。

建物をかたどった陶器の食器です。

使う時はもちろんばらばらにするのですが、重箱のように積んで並べると、ひとつの町並みが!

0210-1

0210-4

 

ノリタケからは歴代の食器がスイーツと共に並べられていました。

やっぱり食器は食べ物や飲み物があってこそ、「テーブルセット」としての絵がしっかり見えてきますね。

0210-6

 

会場に入ってすぐの大きなスペース「彩りの暮らし」。色々な方が、単なるテーブルコーディネートだけではなく、それぞれ4mくらいのスペースをとって空間自体をコーディネート。中でも萬田久子さんのピンクが目をひきました!

0210-20210-5

 

リサ・ステッグマイヤーさんは「子供の誕生日パーティー」

0210-3

可愛らしいです!

こういったものは小物は真似出来ても、トータルでは無理ですよね。やっぱりブルーやピンクの壁が効いています!

 

次の東京ドームでは「世界蘭展」。

このブログを始めて1年。昨年の今頃は「蘭展」に出品した帯のことを書いていたわねぇ、と思い出しました。